【小児インフルエンザワクチンの接種回数、接種間隔について】

【小児のインフルエンザワクチンの接種回数、接種間隔について】

※日本の場合※
日本小児科学会では、6カ月~13歳未満については2回接種、13歳以上については1回もしくは2回接種を推奨しています。
2回接種する場合は、2週間から4週間あけることが示されていますが、3週間以上あけて接種する方がより効果的です。

※他国の場合※
世界保健機関(WHO)、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)では、6ヶ月~8歳未満については1~2回(過去に2回接種歴があれば1回)で、9歳以上は 1回接種となっています。

※当院の考え※
注射をがんばれる子であれば、日本基準の13歳未満までは2回接種(3週以上間隔をあける)がよいと考えます。
もし、注射がすごく苦手な子や他国基準でもよいと考える場合であれば、9歳以上は1回接種でも可能と考えます。